アーカイブ | 3月 2017

  • 性行為前に皮膚柔軟部に塗らない!スーパーPフォース

    最近では中年期においても早漏に悩む男性の方がおられます。原因はストレスや食生活と言われています。早漏を改善する薬には性行為の前に皮膚柔軟部(陰のう部)にすりこむ薬もありますが、スーパーPフォースは飲む錠剤で飲むタイプの早漏治療薬です。日本の厚生労働省では未承認なので、日本で服用するには個人輸入する必要がありますが、インターネットでは個人輸入の代行をして売っているお店があります。特徴は早漏治療薬として早発のプリリジーと同様の有効成分であるダポキセチンに加え、ED治療薬であるバイアグラの有効成分も含んでいることです。ですから、EDにも効果があります。双方の成分が相互に作用することで比較的ゆるやかながら充分に効果を期待することができます。頭痛や下痢、吐き気、急激な血圧の変化、めまい、しびれなどの副作用が出ることがありますが、重度となるケースは少なく、半錠の服用でも相応の効果があることから上手く加減して使うことができます。大量に飲むのは危険なので、服用量をきちんと守ることは大切です。気になる副作用が出た時は医師の診察を受けましょう。注意点は食事の影響を受けやすいので食事の直後は避けて空腹時に服用するということです。また、脂っこいものやアルコールといっしょに服用すると副作用が出やすかったり効果がないことがあるのでやめましょう。65歳以上の方が服用する場合には糖尿病、脂質異常症がないかどうか医師に診察を受けてからにして下さい。効果は射精の時間が3~4倍まで改善されたと言う事例があります。インターネットで検索しますと実際に使われた方の口コミがたくさんありますから、読んでみて参考にすると良いです。