アーカイブ | 6月 2016

  • スーパーPフォースに含まれる成分とその効果とは?

    スーパーPフォースの有効成分はシルデナフィルとダポキセチンで、全く作用の異なる2つを配合することで2種類の症状を同時に改善することができます。シルデナフィルは世界的にも有名なバイアグラに配合される成分で、ED治療薬として利用されていることから、勃起できなくなった男性機能を改善する効果があります。効果の持続は4~5時間と短いですが、膨張率と角度に定評があり、全盛期よりも硬く反り返る勃起ができるという人も多いため人気があります。シルデナフィルはPDE5阻害薬に分類され、勃起力を維持するために必要なcGMPを分解してしまう酵素のPDE5の働きを抑えます。また、一酸化窒素を活性化させることで血管を拡張するため、海綿体への血流の増進を行い勃起がしやすい状態にしてくれます。服用したから勃起するというものではなく、あくまで勃起をサポートする成分であるため、平常時では男性器が大きくなるということはありません。ダポキセチンは日本では未承認のため馴染みのない成分ですが、海外では早漏を改善するのに有効であると認められています。元々はうつ病治療のためのSSRIとして開発されていた成分で、自律神経を抑制することで異常な興奮を静めて射精のタイミングを抑えてくれます。複数の臨床試験を行い、射精までの時間が4~5倍は長くなることが確認され、早漏症に有効であると認められています。この2つの成分を配合したスーパーPフォースは上手く勃起できないEDの患者と、射精のコントロールができない早漏の患者のどちらにも対応している贅沢な飲み薬となっています。基本的には両方の症状がある人が飲むことを前提とした治療薬ですが、EDでない人が服用しても問題はありません。ただし、早漏でない人が飲むと射精できなくなる可能性があるため、少なくとも早漏症の人が使用することが条件となります。